2017.06.30 Friday

最近の作業のお供は…。

0

    前回のブログで音楽のミーハーの神がって綴りましたが、

    久々に来ました(笑)

    この前、音楽の神がやって来たのはKREVAさんの時だったので、

    何年振りなんだろう(笑)

    いつも1人でお仕事しているので、音楽が必需品なんです。

    模様を考えるときも、ブログ綴るときも、ミシンを踏むときも…。

    作業をしているときは、ほぼ大半の時間音楽に浸っています。

    無音が苦手なんです(笑)

    集中したら勝手に、耳に入って来なくなるので、

    音楽が邪魔になることもないので。

     

    一年ぐらい前になるのかなぁ?

    ある車のCMを聴いた途端、確かキッチンで洗い物をしていたのに、

    耳にいきなり飛び込んで来た音楽に

    「何??これ??もっと聴きたい!誰の曲???」と

    手を止めて聴き入っていました。

     

    早速調べてみるとSuchmosと言うバンドのSTAY TUNEという曲でした。

    調べて納得して、なぜかそのまま時が過ぎちゃったんです(笑)

    きっと、その時は調べて満足しちゃったんです(汗)

     

    それから時は経ち、あっあの曲聴きたいなぁ〜とふと思って、

    You Tube観たら音楽の神が舞い降りました(笑)

    心地よいサウンドとボーカルYONCEさんの声。

    この声凄く好み〜!!!ってなりました。

     

    音楽にミーハーな私なのですが、声が好みってのは大きくて、

    氷室さんもKREVAさんもMummy-Dさんも

    ベベチオの早瀬さんもYONCEさんも声が好きで!!

    ってかなり広いストライクゾーンですが(笑)

     

    Suchmosは20代と若いグループだけど、

    私が聴いても違和感がないどころか懐かしいし心地良い!

    どうしてなのかなぁ?って思っていたら、

    90年代の影響を受けているかららしくて…。

    この先のSuchmosが更に楽しみになりました。

     

    バンドの雰囲気もすごく良いです。

     

    Suchmosさんの曲を聴いた方ならわかると思うのですが、

    日本語なのに英語に聴こえてくる…。

    かなりの空耳アワーな私はやっぱり何て歌っているのか知りたい!って

    思って、CDを久々に購入しました。

    データでも買える世の中ですが、やっぱりCDが好きです。

    音楽の世界感をパッケージのデザインや紙からも感じれるし、

    無くさない限り手元にあるし(笑)

     

    それにしても、いつまでも聴いていたいと思うってすごいなぁ〜と

    思いました。

     

     

    ここのところ雨が続いていたので、

    そんな日はアトリエの窓閉め切って

    かなり大きめの音で聴いていると更に良くて、

    ちょっと雨の日が楽しみになりました。

     

     

    どんな曲なのか気になった方はチェックしてみて下さいね!

     

    さて、気持ちも上がっている今の間に、

    作業進めなくては(笑)

     

     

    1つ頼んでいたものが届いているのですが、

    雨続きで写真が撮れていないので、

    来週の中頃までには、紹介出来ると思いますので、

    お楽しみに〜!!!

     

     

     

     

     

    Zakuro textile 個展 「 実 る 木 」
    場所 珈琲と人
    日時 10/12(木)、13(金)、14(土)、15(日)
        〃/19(木)、20(金)、21(土)、22(日) 

     

    2017.06.23 Friday

    人生はじめての田植え♪

    0

      6月だというのに、それさえも忘れてしまいそうなお天気ですね。

      私は、個展の作品創りを進めながらも、色々としています。

      先日も、Konokaとの1年越しの約束を果たすために、

      人生はじめての田植えに行って来ました。

       

      Konokaの通う小学校では、かなり前から食育の一環として、

      お米作りがされています。

      お米作りを主体でするのが5年生でお手伝いが4年生です。

      親の参加も大歓迎の行事なのですが、

      昨年の4年生のときはKanoaも家に居たので、

      お手伝いに行く事が出来ず、

      「5年生になったら絶対手伝いに来てよ!!!」とKonokaに

      言われていました。

       

      そんなこともあり、約束を果たすべく小学校の田んぼへ行って来ました。

       

      カラッと晴れているのに、風は少し冷たい…田植えには絶好の日でした。

       

      田植えは、地域の田植えプロの方々に指導してもらって、行われています。

      何となく昨年4年生で田植えを体験している5年生は、

      さすがに要領よく苗を植えていました。

       

      私もお手伝いにと田んぼに入った途端、長靴を履いていた事もあり、

      3歩で尻餅…(苦笑)

      近くに居たお母さんたちに助けられて、長靴を脱いで入る事ができました。

      自他ともに認める鈍くささが発揮された瞬間でした。

      そして、田んぼに、長靴で入ったらダメだと学びました(笑)

       

       

      その後は、苗を植える子供たちに苗を渡したり、

      子供たちが入れ替わる間に実際に田植えを体験させてもらったり、

      子供たちに声をかけたり、田んぼに大量に居る「カブトエビ」に

      キャァ〜キャァ〜言う女の子たちのために、カブトエビを避けたり…。

      はたまた、カブトエビを怖がる男の子に、カブトエビを触らせようとする

      女の子を見かねて、カブトエビをおばちゃんにちょうだいと言ってもらったり(笑)

      一度もらうと、他の子供たちからも「おばちゃん大きいいの取れた!!」と

      言っては見せてくれる…私は「大きいねぇ〜」と言っては田んぼへ逃がすの

      エンドレス(笑)

      カブトエビに詳しい男の子たちからは、

      どれぐらい生きるとか、家で飼育するのは難しいなどなどの事も

      教えてもらいました。

       

      そんな様子の私をKonokaは冷たい目で、

      「母さん、また子供に紛れてそんなことしてる…」

      と言われちゃいました。

      Konokaの友達に限らず、

      子供たちとは、ついつい話しちゃうので、

      学校へ行くと「おばちゃん〜」って挨拶してくれる子も多いです。

      まぁ、そんな私の姿を見てもKonokaは、

      「母さんおしゃべりだし、その風貌だからすぐに覚えられるわぁ〜」と

      冷静に言って来ます(笑)

       

      話しはそれましたが、給食時間までに終わるの???と

      心配していた田植えも、思いのほか早く終わる事が出来ました。

       

      田植えをしている地域の方々が子供たちに、田植えを教えて下さる

      おかげで、毎年無事に田植えが出来ている事を思うと、

      ただただ感謝するばかりです。

       

      そして、人生はじめての田植えは、

      すっごく楽しかったです!!

      あの泥の感触と匂い、一列に並ぶ緑の苗、そして心地よい風…。

      また、田植えをする機会があったらしたいなぁ〜って思っています。

       

      これからは、子供たちは苗を観察しながら、稲刈りの時期を待ちます。

      稲刈りも親も参加しても良いので、

      スケジュールを見ながら参加出来たらなぁ〜と

      思っています。

       

       

      いつか、子供たちがこの経験をした事が、

      当たり前ではなく貴重な体験だったとわかる日が来る事を願っています。

       

       

       

      帰宅後脱いだ短パンには、ドジっ子の証が…(笑)

       

       

       

       

       

      Zakuro textile 個展 「 実 る 木 」
      場所 珈琲と人
      日時 10/12(木)、13(金)、14(土)、15(日)
          〃/19(木)、20(金)、21(土)、22(日) 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2017.06.19 Monday

      父の日。

      0

        昨日は、「父の日」でした。

        母の日に押され気味の「父の日」ですが、

        皆様は、いかが過ごされましか?

         

        私は、今年も家族でお互いの父の元へほんの気持ちのモノを

        持って行きました。

         

        2人の父とも持病はあるものの穏やかに暮らしているので、

        本当に感謝しています。

         

        Kensakuさんのお父さんは、昨年本当に今までの不摂生のツケが

        一気に襲って来たような一年で、私もどうしたらよいのか?

        私に出来る事はないかなぁ?と考えるコトも多く…。

        Kensakuさんは息子なので、お父さんの事を思って言っても

        聞いてくれないと「もうほっといたらいいよ〜」

        なんて言う始末…。

        私は、それで先に「あの時…」なんて思うのが嫌な上に、

        お節介なので、嫁と言う立場をフル活用して、

        お父さんに話しを聞いてもらった事も。

         

        Kensakuさんと結婚して十数年…

        kensakuさん一家にとって私は異色の嫁です。

         

         

        Kensakuさんの家は、

        お父さんは本が大好きな人で書庫まで建ててしまう程。

        お母さんや妹は肌も弱い事もあり殆どお化粧をしないし、

        妹は仕事柄髪も染めない。

        弟は派手な格好はしてもまじめなタイプ。

         

        私は、お嫁に来た頃はアパレル会社に勤めていたので、

        髪は金髪、ピアスに派手なお化粧をしていました。

        まぁ、今もそう変わらないのですが、

        家族で集まると本当に浮いていました(笑)

         

        そして、私は雑誌は凄く好きで読んでいましたが、

        本は全くと言っていい程読まないので、Kensakuさん達が本の話しを

        はじめると、「へ〜」って聞くばかりでした。

        本当に、Kensakuさんのお父さんとは全く共通点もなく、

        会っても世間話を少しするぐらい。

         

        それが、昨年のお父さんの病気発覚後、通院をすることになり、

        強引に私も車で送り迎えする!と言って、お母さんの都合が悪いときは、

        私がお父さんと病院に行っていました。

        病院までの道中、久々に色々な話しをしていると、

        私が、ある切っ掛けで好きになった詩人 谷川俊太郎さんの話しになり、

        お父さんも谷川さんが好きで、かなりの本を集めていた事を知りました。

        その話しを切っ掛けにお父さんが昔書いた小説の話しになり、

        仲間と出し合って作った本がある事を知りました。

         

        その1つの作品の中にはKensakuさんがモデルになった話しもあるよ。

        とKensakuさんが幼かった頃の事を楽しそうに話す

        お父さんを見ていると、

        こんな一面もあるんだぁ〜思いました。

        そして、お父さんのペンネームを聞いた時に、

        何でその名前なんだろう?と思って尋ねると

        「左右対処の文字が好きなんよ〜デザインがカッコいいじゃぁろ〜」

        って言いながらガハハと豪快に笑う。

        確かに最後の漢字以外は、左右対称の漢字が使われていました。

        お父さんの話しを聞きながら、へぇ〜左右対処にこだわって

        ペンネームを付けるってなかなか、お父さん面白いなぁ〜。

        響きとかじゃぁないんだ、小説だし昔だから紙に印刷された時の

        文字の見た目も重視したのかぁ〜と勝手に思いつつ

        お父さんの話しを聞いていました。

         

        そして、その本を貸してもらってKensakuさんがモデルになった作品を

        読んでみると、今まで第三者的にKensakuさんの家族を見ていて、

        どうしてもわからなかったというか、聞けなかった事の本質が

        そこにはあって…。

        あ〜そういうことなのか…って1人で納得してしまいました。

        そして、思っていた以上に面白い!

        後日、Kensakuさんにこの本を読んだ事があるか聞いてみると、

        「読んだ事一度もないよ」

        と素っ気なく言われました。

         

        結婚した当初、「お父さんが何十年も書いている日記を一冊の本にしたいんだって〜。

        え〜本にしてどうするん?」ってKensakuさんたちが言っていた事を

        思い出しました。

        確かに、子供たちと遊ぶ事も少なく本ばかり読んでいるお父さんだったので、

        子供たちからすれば、そう思うのも仕方ない。

        と当時は思っていました。

         

        でも、今は私がお嫁に来るまでの知らない家族の話しが綴られている日記が

        本になるのは、少し楽しみです。

        どんな事が綴られているんだろう?きっと私がやって来た日の話しも、

        お父さんの目を通して綴られているはずで(笑)

        お父さん以外の家族が、乗り気でない本に密かに期待している私です。

         

        お父さんの本を読んだことのないKensakuさんは勿体ないなぁ〜と

        思いつつ、お父さんにその本をもう少し貸して欲しいとお願いしたら、

        「あの本、あげるよ〜」って言ってくれたので、

        大事にしまっておく事にしました。

         

        何年、何十年か経ってKensakuさんが読む…その日のために。

         

         

         

         

        左側…Kensakuさんのお父さんの作品が載っている本。

        右側…書庫整理してたら、あったから持って帰りと渡してくれた

           谷川俊太郎さんの本。

         

        父の日に、逆にプレゼントをもらったのは、私でした。

         

         

         

         

         

        Zakuro textile 個展 「 実 る 木 」
        場所 珈琲と人
        日時 10/12(木)、13(金)、14(土)、15(日)
            〃/19(木)、20(金)、21(土)、22(日) 

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2017.06.12 Monday

        2年に1度、娘のバレエ発表会。

        0

          あっという間に6月、もうすっかり初夏を思わせるお天気に、

          梅雨生まれの私は、嬉しいようなちょっぴり寂しいような…。

           

          さて、今日はKonokaとの話しを綴りますね。

          個展が決まってからバタバタしている中、

          Konokaの2年に1度のバレエ発表会が昨日ありました。

           

          前回の2年前に引き続き、

          児童科の小品集と本科のお姉ちゃん、講師の先生、ゲストの男性の先生たちと

          踊るメインの作品にも参加しました。

           

          メインの作品は、日頃違う場所でレッスンしている人たちも

          1ヶ月に1度集まって朝から夕方まで一緒に1年間レッスンします。

          私は、朝からレッスンするKonokaのお弁当と送迎だけなのですが、

          意外と大変です(笑)

          日頃家ではダラダラしているKonokaに、

          「頑張るから、母さんよろしくお願いします!」と目をキラキラさせて

          言われたら、もう、「わかった!!!一緒に頑張ろうね!」と言うしかなくて(笑)

          今回も見守る事にしました。

           

          1年振りに合同レッスンに行くと前回も一緒に参加した友達も何人か居て、

          再会を喜んで、1年間本当に楽しくレッスンに通っていました。

          学校以外で出来る友達の有難さにも気が付きました。

           

          そして、今回はバレエをはじめた頃から目標にしていた、

          トウシューズでも踊りました。

           

          2年前の発表会終了後、いつもお世話になっている先生から、

          「そろそろトウシューズの練習しようか!!」と言ってもらった時の

          Konokaの嬉しそうな顔、いまでも忘れれません。

          というのも、

          はじめて発表会に出たのが2011年、もう8年前です。

          発表会に出ている子供の中で一番下の年でした。

          スポットライトの中キラキラ踊るお姉ちゃん達に魅了させた

          Konokaは、発表会後のレッスンで普通のバレエシューズで、

          お姉ちゃん達を真似て、つま先立ちをしたんです。

          すると、いつもは優しい先生の目の色が変わり、

          「Konoちゃん!つま先立ちしたらダメ!!!」と

          叱られました。

          優しい先生に叱られたKonokaは、なんで叱られたのか?

          キョトンとしていましたが、その後先生が

          「ちゃんと足が出来てない状態で、つま先立ちしたら危ないの。

           ちゃんと頑張ってレッスンしてたらトウシューズ履けるようになるからね」

          と優しく言ってくれた言葉で

          Konokaは、納得をしてその後、つま先で立つことはなくなりました。

           

          それから、6年…トウシューズを目標にレッスンしてきました。

          はじめてトウシューズを履いた日、本当に嬉しそうでした。

          それと同時に、6年前に先生に言われた言葉の意味を

          身をもって知る事になります。

           

          トウシューズを履く子供たちを見ていると、

          みんな誇らしく履いているんですよね。

          そして、履いてつま先をコツコツとならすと、

          すっかりバレリーナの顔になります。

           

          そんな子供たちを見ていると、とっても嬉しくなります。

           

          小品集とメインの作品どちらも親としては緊張します。

          もちろんKonokaも緊張するのですが、

          「もう、踊るだけで可愛いって言われる年は過ぎたの…」と

          言うKonokaの言葉通り、出来て当たり前の年になっています。

           

          そんな事を考えると、ちゃんと間違えずに踊れるの????

          心配ばかりが、心を埋め尽くします。

           

          リハーサル後に「大丈夫?」と言う私に「大丈夫だよ!!」とニッコリ笑顔で

          答えるKonokaを見て、

          昨日の本番では「楽しんで来てね!!」とハイタッチで

          送り出しました。

           

          発表会では、1年間頑張った成果が発揮されていました。

          舞台で友達と目が合うとニコッと笑顔で踊る姿に、

          そんな余裕があるんだ〜とビッリクしましたが、

          メインの作品でもしっかり役割を果たして

          踊っている姿にホッとしました。

           

          そして、フィナーレ。

          子供たちに舞台袖で花束を渡して送り出しながら、拍手。

          キラキラと紙吹雪が舞う中、これまでの事を思うと、

          ジーンとしてしまいました。

           

          発表後にお世話になった先生に花束を渡して写真を撮ってもらった時に、

          先生が「もうKonoちゃん、先生と背が一緒ぐらいになるね〜」と

          笑いながら言われた時に、あんなに小さかったKonokaもこんなに

          大きくなったんだなぁ〜とまたもジ〜ンとしちゃいました。

           

          そして、バレエを続ける上で、何回かやって来る

          「続けれるのか? それとも辞めてしまうのか?」の選択。

           

          そろそろ、その1回目の選択に差し掛かってきていますが、

          Konokaは、まだまだ頑張るよ!!って言っているので、

          続けると言っている間は私も一生懸命支えようと思いました。

           

          飽きっぽい私の娘Konokaですが、1つの事を長く続けて行ける

          長所を持っている事は、本当に凄いなぁ〜と思います。

           

          Konokaのバレエの発表会を通じて、Konokaの成長を感じ、

          1つの事を続ける事の大変さと大切さを教えられました。

           

          そして、子供たちを温かく、時に厳しく、根気よく見守って下さる

          講師の先生方、遠い所を子供たちのレッスンの為にお越し頂く

          特別講師の先生には、本当に感謝しています。

          その他にも、沢山の方々の協力があるからこそ、

          発表会が無事に開演出来るのだと、改めて感じました。

          ありがとうございます!!

           

           

           

          もう、可愛い衣装はそろそろ卒業かなぁ〜?とちょっぴり寂しそうに言うKonoka。

           

           

          2年間Konokaと一緒に頑張ったトウシューズ。

          Konokaの足には、もう小さくなってしまったけど…。

          沢山想い出の詰まった大切な相棒。

           

           

          さて、私は個展に向けてダッシュです!!!!

           

           

          Zakuro textile 個展

          場所 珈琲と人

          日時 10/12(木)、13(金)、14(土)、15(日)

              〃/19(木)、20(金)、21(土)、22(日)  

           

          2017.05.29 Monday

          謹賀新年誕生日までの今が師走。

          0

            5月も後数日で終わりですね〜。

            もう初夏?を思わせるお天気に、

            季節の変わり目が好きな私は、ちょっぴり寂しいです。

             

            そして、カレンダーにある師走以外に

            私には、もう1つ師走があります。

            何年も昔のブログにも同じような事を綴っているので、

            これは、偶然ではなく必然みたいです(笑)

             

            誕生日の前後が、師走並みにバタバタしていて、

            今回もKonokaの運動会にはじまり、海学、Kanoaの運動会や

            Konokaのバレエの発表会などなど。

            この他にもKonokaの学校の用事など、

            書き込んで行ったらカレンダーが真っ黒(笑)

             

            ちょっとでも時間が空くと何かしらしたくなる私にとっては、

            逆にこの忙しさが楽しいんですけどね(笑)

             

            そして、3年前に作ったはずの個展書類を探してもなくて…

            これは、作り直せと言う事だと思って、

            ただいま練り直し中です。

             

            まずは、自分がワクワクドキドキするものじゃぁないと

            他の人に喜んでなんてもらえない!!!!

            まずは、自分がどれだけの熱量でワクワクドキドキするものを

            表現出来るかだなぁ〜と改めて思いました。

             

            まだ、私の頭の中だけにあるフワッとしたモノを

            形にする作業に入りま〜す!!!

            って今日の午後打ち合わせなんですけどね!

            急げ!私!(笑)

             

             

            昨日、Konokaのバレエレッスンの待ち時間に

            久々に友達とカフェZさんでランチ!

            いっぱい話して笑って、美味しいご飯に癒されて、

            パワー充電しました!!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2017.05.19 Friday

            母の日に思う事…。

            0

              みなさま、お久しぶりです。

              5月も中盤に差し掛かり、

              やっと時間が出来たので日常の事ですがブログを綴りますね。

               

              前回のブログを綴った後、なんとKanoaがまた溶連菌になり…。

              その後、GW明けにはKonokaは日頃の疲れからか突然の高熱…。

              そして同じ日にKensakuさんまで発熱…。

              我が家は、どうなってんだ!!!!と1人バタバタしていました。

               

              それもやっと落ち着いて来たので、毎日せっせとお仕事をしています。

              そんなある日、保育園へKanoaを送って帰って来て、

              日課の朝イチ30分間のメールやSNSのチェックしていると、

              私の最近お気に入りのカータンさんのブログ記事で、

              ムーニーのCMが炎上している事を知りました。

               

              ここから先は、私個人の感想なので、ふわっと読んで頂けたらと思います。

               

              どうやら「ワンオペ育児」を賛美しているようにとらえれるとの事で

              炎上してしまったらしいのですが、

              私この「ワンオペ育児」と言う単語で????

              「ワンオペ育児」というのは、何らかの事情で1人で育児をしないと

              いけない状況のことらしいんです。

               

              なるほど、と思ってCM見てみました。

               

              ほんの数分のCMでしたが大号泣でした(笑)

               

              「ワンオペ育児」は別に置いておいて、

              まさに、今子育て真っ最中のお母さんなら、かならず1つは私もわかる!と

              思うシーンが満載。

              そして、最後にこんな時間も宝物に変わるみたいなメッセージがあるのですが、

              ここには、ついつい号泣しながら

              「いつそうなるの!!!!(笑)」ってツッコミましたが。

              私にとって子育てが宝物になるのは、

              おばあちゃんになった頃か、はたまたひ孫を抱っこする頃かも?

              と思っちゃう程、毎日ドタバタです。

              ただでさえ、ジェットコースーターのような性格の私。

              子育て中には、毎日何回ジェットコースターに乗るの?と思う程、

              笑ったり怒ったり、泣いたり走ったり、踊ったり沈んだり…。

              本当に切りがないです。

               

              結局私が思ったのは、「ワンオペ育児」をどうこう言っている感じは

              なかったです。

               

              ちゃんとした企業がCMを製作するのなら、お母さん側だけではなく、

              お父さん側のも作ったらいいのにって思いました。

               

              新米のお父さんや忙しくて子供となかなかふれあえないお父さん、

              単身赴任のお父さん達の奮闘振りを綴ったCM。

              たとえば、

              お父さんが帰って来て抱っこしたらギャン泣きとか、

              あれやこれやで遊んでやっと信頼関係が築けた頃にまた仕事へ戻ってしまうとか…。

              いっぱいエピソードはあるはずなのに。

              あーお父さん側も想像したら、せつない…。

              でもお父さんバージョン製作して欲しい!!!!!

              我が家も1年間の単身赴任を経験しているので、

              KanoaとKensakuさんが信頼関係を築くまでのネタ豊富です(笑)

              1歳の子でも「知らないおじちゃんが家にずっと居る〜」から始まりますから(笑)

               

              きっとどちらかの目線だけで描くから問題になるんだろうなぁ〜って思います。

               

              Konokaが小学生の低学年のころ、私は個展で週末泊まりで在廊していて

              家に居なくて、KensakuさんがKonokaの世話をしてくれて居た事があったけど、

              あれも、お父さんとお母さんが入れ替わっているだけで、「ワンオペ育児」なのか?

              あの時、私に内緒でKonokaはKensakuさんと毎週自転車の練習をしていて、

              コマなし自転車に乗れたときの嬉しそうな写真が送られて来ました。

              その話しは、今もKonokaが嬉しそうに父さんが教えてくれたんよ〜って言って来るので、

              よい想い出になっているみたいです。

              私もKensakuさんが教えてくれた事がとっても嬉しかったし、

              いつかKonokaが反抗期で「父さんなんか嫌い」なんて言ったら、

              この自転車ネタ持ち出すんだろうなぁ〜と(笑)

               

              話しがどんどん逸れてますが、

              ちょうどこのブログを読んだ日は平日で、保育園にKanoaを送りに行った時に、

              息子さんと行く行かないのラリーを繰り広げていたお母さんと遭遇していて、

              どっちの気持ちも分かるぶん、どっちもがんばれ〜って心のなかで思いながら、

              走り去っていたので、さらにズドンって気持ちになりました。

               

              その数日後の母の日には、

              KonokaとKanoaからケーキと手紙などのプレゼントをもらいました。

              毎年、その中に◯◯チケットが入っているのですが、

              「母さんが一日大声を出さないで済むチケット」は残念ながら

              今年も入っていませんでした(笑)

               

              母の日に、ふと思ったのは、子供が産まれると

              「母親と言う肩書き」が増えるだけで私は私なんだと…。

               

              100人のお母さんがいたら100通りの子育て。

              100人のお父さんがいたら100通りの子育て。

               

              反抗期のKonokaとイヤイヤ期のKanoaの寝息がBGMの今が一番穏やかな時間(笑)

               

              下の写真は、母の日にもらった絵。

              上側…Konoka作。 下側…Kanoa作。  

              Kanoaは、自分が書いたからあげない!!と言うので、

              KonokaとKensakuさんの苦肉の策は、壁に貼って

              「みんなに見てもらおう」でした(笑)

               

               

              2017.04.28 Friday

              春の嵐とともに…。

              0

                今日は、暖かいのですが風がひんやりしていて、

                まだ春なんだなぁ〜と残り少ない初夏までの時間を感じました。

                 

                さて、皆様はいかがお過ごしでしたか?

                ここ最近は、商品の事を綴っていたので

                今日は、日常の事を綴りますね。

                 

                私は、前回のブログ更新後、Kanoaに春の嵐到来!!

                春の嵐と言ってもしかたないのですが、

                保育園に行くと1年間は色々な病気をもらって来る…のは、

                覚悟していたのですが…。

                私の中でも最強だったマイコプラズマ肺炎になってしまい…。

                それもなかなか分からず高熱で数日過ごしたりと

                本当に大変でした。

                 

                一番大変なのは、Kanoaなのですが、ずーっと下がらない熱に

                Kanoaに何かあったらどうしよう…という思いで

                心が押しつぶされそうになりましたが、

                病名がわかり薬を飲んだら今までの熱がウソのように

                引いて行くのが手に取るようにわかった時、

                本当に良かった!!!と

                母親になって一番ホッとしました。

                 

                みるみる元気になったKanoaは、保育園に通えるようになりましたが、

                給食の野菜が食べれず、毎日ツライよ〜と言っています(泣)

                この事に関しては、先生たちと相談しながら根気よく見守ろうと思っています。

                 

                やっと保育園に通えるようになったので、私も色々と作ろうと思っている事を

                進める準備をしています。

                1つは5月中には出来る予定ですので、早めにみなさんに報告出来たらと思っています。

                 

                 

                 

                そうそう、みなさんはエプロンを使っていますか?

                私は、自宅で料理するときも基本エプロンしない派です。

                でも革の作業をする時だけはエプロンを付けていました。

                 

                普段は、作業が終わるとペタペタとガムテープで

                自分に付いた糸くずを取っていたのですが、

                Kanoaが保育園に行くようになり、Konokaは小学校から帰って来る時間などから、

                意外とお迎えの時間ギリギリまで作業をしてしまい、

                慌てる事が多くて服に付いた糸くずを払いきれずに付いたまま出かけていたり…。

                 

                そんな時、革作業のエプロンを付けたら、ガムテープで取らなくてもよくて、

                これだ!!!と思って作業用のエプロンを作りました。

                保育園でもエプロンだけどエプロンに見えないステキなエプロンでお迎えに来てる

                お母さんもいて、ちょっと遠目で観察(笑)させてもらって参考にしました(笑)

                 

                今回も自分のだし…時間を省くという事でパターンなし(笑)

                頭の中であれやこれやで組み立てたもので作りました。

                生地も以前買っておいたメーター数百円のものを使用(笑)

                 

                 

                私が着用しているので…ですが、こんな感じのエプロンになりました。

                 

                 

                この日着てたカットソーもシマ…。ヨコシマ…タテジマ…(笑)

                シマ好きにはタマラナイコーデです(笑)

                 

                たすきの紐も長く作り過ぎたのですが、切るのも勿体ないし…

                デロ〜ンっと垂れ下がっています(笑)

                 

                アバウト過ぎるものを作る時、本当に楽しいのですが、

                きっと同じものは作れない(笑)いや、作らないんだろなぁ〜と

                客観的に思いました。

                 

                そんなこんなな日常ですが、もうすぐGW!

                GWは母業に専念します。

                しばしお仕事モードはOFFです。

                 

                皆様もステキなGWをお過ごしください〜♪

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.03.11 Saturday

                あれから6年…。

                0
                  今日は、3月11日…。
                  あの日から、6年が経ちました。

                  今でも、あの日テレビで見た光景は
                  色褪せることなく…
                  そしてあの日の衝撃は
                  今でも言い表わせる言葉が見つかりません…。

                  そして、Konokaからの問いかけにも答えは見つかっていません。

                  何ともいえないこの気持ちは、
                  いつになっても晴れることはなく…。

                  ただただ、今の私に出来ることは、
                  この日を忘れないこと…。
                  そして、静かに黙祷を捧げること…。
                  2017.01.24 Tuesday

                  最近は…。

                  0

                    今年になって1回しかブログ更新してない!!!と

                    ムンクの叫びに負けない程の顔になっちゃいました(笑)

                     

                    そうそう、みなさんの中で今年のカレンダー買い忘れちゃった!って方、

                    いらっしゃいませんか?

                    1月になるとカレンダーどこにも売っていなかったり…。

                    と言う事で、Zakuroのカレンダーは1月いっぱいまで販売致します。

                    買い忘れてしまった方、ぜひZakuroのカレンダーをどうぞ!!

                     

                    さてさて、私はどうしていたかというと、

                    本当に去年から面白い程色んな事が勝手に押し寄せて来るんです。

                    主に家族の事ですが、結婚すると親も2倍になるんですよね…

                    当たり前の事ですが…。

                    そして、自分たちも大人になるという事は…

                    親たちは、それなりの年になって来ていて…。

                    今までの事を返す番になっている事をヒシヒシと感じました。

                    やっと今落ち着いた感じです。

                    そんな中、kanoaが体調を崩したりと…。

                    本当に、自分の母親としての器の小ささに情けなくなったり…。

                    kanoaのことは、育児ブログの方へ綴るとして、

                    この間、とってもステキなプレゼントをもらった話しを綴りますね。

                    育児ブログに綴ろうかと思ったのですが、あえてこちらへ綴りますね。

                     

                    それは、konokaの参加日での出来事です。

                     

                    konokaのフリー参観日(どの授業を見てもいい参観日)の2.3時間目を

                    観に行った時に、3時間目の版画の授業で、版を彫るのに一生懸命なっていた子供たち、

                    狭い机の上での作業で、紙やら筆箱が落ちたんです。

                    konokaの近い席の男の子が落としたので、拾って渡すと

                    とっても気持ちの良い「ありがとうございます」が返って来ました。

                    みんな真剣に作品と向き合う姿を見ていると、どんな作品が出来るのかなぁ?と

                    ワクワクしちゃいました。

                    その後、授業も終わったので廊下で帰りの会が終わるのを待っていました。

                    すると、ガラッと窓が開いたと思うと、ニッコリ笑顔でkonokaの男の子の友達が

                    「konokaの母さん教室に入って来て!!!早く!!」と手招きされたので、

                    「エッ??何??私なんかした?それともkonoka?」と思いながら、教室へ。

                    すると、担任の先生から、

                    「konokaさんのお母さんが落ちたものを拾ってくれたり版を彫るアドバイスをくれた事が

                    とっても嬉しかったそうです」

                    「2人の男の子からそう言われてますよ!ぜひこの「キラリ玉」をこの中へ入れて下さい!」と

                    カラフルなビー玉が半分程入ったガラスの保存容器を差し出されました。

                    担任の先生から、渡してもらったビー玉を照れながら入れさせてもらいました。

                    嬉しかった事を発表してくれたのに、聞けていなかった事が本当に残念だったのですが

                    「おばちゃんの何気なくした事を嬉しいて言ってくれた事、ありがとう!」と

                    お礼をいいました。

                     

                    帰り道konokaに話しを聞くと、あの「キラリ玉」は、

                    何かをしてもらって嬉しかったり、誰かのいいなぁ〜って所を見つけて発表して、

                    良い事をした人が瓶にビー玉を入れれるとの事。

                    たくさん、友達の良い所を見つけよう!と言うところから担任の先生が

                    はじめたそうです。

                    子供たち以外でビー玉を入れたのは私がはじめてだったみたいで、

                    konokaに「かあか良かったね!うちのクラスのキラリ玉入れれて」って

                    ニヤリとしながら言われました。

                     

                    大人でも、人のイヤな所はすぐ見つけれても、良い所はなかなか見つけれない…。

                    そのうえ、やってもらうのが当たり前になっていて気が付かない…。

                    私も子供たちを見習わなくちゃ!!と思いました。

                     

                    konokaがニヤリ顔で言った通り、ここのところ砂漠状態カサカサの心だった私に

                    もらった言葉は沁みました。

                    とっても嬉しかったので、担任の先生宛に手紙を書いたのですが、

                    その手紙で私の天然ぶりが発揮された一文があったそうで、

                    しっかりkonokaに指摘されちゃいました(笑)

                     

                    日々良い事も悪い事も子供たちから教わる事って意外と多くて、

                    考える切っ掛けをもらってる…

                    大人になり忘れかけそうな何かを思い出させてくれている気がしました。

                     

                    この出来事は、私にとって思いがけない子供たちからのプレゼントになりました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2017.01.01 Sunday

                    2017,1月1日!!!

                    0

                      皆様、あけまして おめでとうございます!!!

                      今年もマイペースにですが、ブログを綴りますので

                      応援よろしくお願い致します。

                       

                      さて、昨年は家族にとっても色んな事がありました。

                      実は、kensakuさんが4月まで1年間単身赴任をしていました。

                      本当に長かった1年間。

                      そして、kensakuさん不在中の子育ての重圧に

                      何度押しつぶされそうになったことか…。

                      やっと帰って来たら、まぁ大人の事情でkensakuさんは数ヶ月自宅待機(笑)

                      konokaとkanoaとの1年をしっかり埋めるちょうどいい時間になりました。

                      そして、家族ってやっぱりいいなぁ〜と実感しました。

                      kensakuさんが帰って来てからは、そうです凧のように飛んで行きそうな

                      私を見守っては引き戻し、時々釘をさされます(笑)

                      そんなこんなで、まぁ〜賑やかな我が家です。

                       

                      そして、毎年はじめにブログに綴っている目標ですが、

                      今年も引き続き

                       

                      「リスタート・挑戦」です。

                       

                      今年、やっと個展が出来そうです!!!(拍手)

                      みなさまに会いたくて♪会えなくて…何だか何処かで聞いたような

                      歌のフレーズ状態だったのですが、以前から気になっていたギャラリーさんと

                      打ち合わせをしようって話しまで進んでいます。

                      個展をするなら、絶対在廊して

                      みなさまにお会いして声がつぶれる程お話したいたいので、

                      家族の状況などを考慮しながら日程を決めようと思っています。

                      そのため以前していた個展のように1ヶ月間とはいかないと思います。

                      短期間勝負になるかと思いますが、みなさまとお会い出来るのを

                      励みに頑張りますので、日程が決まったら

                      「Zakuroさんの個展!絶対行く事(笑)」と書き込んでもらえたら

                      幸いです(笑)

                       

                      そして、以前から野望やら妄想やら想像やらの話しをよく綴っていますが、

                      昨年も野望が増えました(笑)

                      いつも言っていますが、言ったもん勝ち?と言うより言わないと伝わらないと

                      思っているので、今年もどんどん言いますね(笑)

                      とてつもない野望が出て来たらクスッと笑って下さいね。

                       

                      そして、今年も機会があればどんどん挑戦します。

                      昨年はmtさんのデザインコンテストに応募していたのですが、

                      結果はダメでした。

                      しかし、めっちゃ自信があったんです!今回(笑)

                      どこからそんな自信が湧いて来るのか?自分自身驚きなのですが、

                      デザインが出来上がった時、これだ!!と言える力を出し切れたから

                      だと思います。そして、何より「楽しかった!!!!!」

                      モノを生み出すのはとっても苦しい事が多いのですが、

                      それも楽しいと思えるか?生み出す私がワクワクドキドキ

                      楽しくなかったら、やっぱり伝わらない。

                      いつもなのですが、個展をするときも一番は自分が楽しくなくちゃ!って

                      思っています。

                      mtさんの結果は残念でしたが、

                      野望の1つにmtさんでマスキングテープを作る!(できればコラボで(笑))

                      というのがあるので、また機会があればコンテストにも挑戦します。

                       

                      まだまだ、綴りたいあれやこれやが盛りだくさんなのですが、

                      今年は、新たなZakuroを見て頂けると思っています。

                       

                      ちゃんとお話が出来る日が来たら綴るので、記憶の何処かでちょっとだけ、

                      気にかけててくださいね。

                       

                       

                      では、今年もこんな調子の私ですが、

                      新たな1年もどうぞ、よろしくお願い致します。

                       

                      コドウから始まる一年、自分にしか奏でられない音色で一年を彩ってくださいね。

                      その音色は、きっと大切な人を癒してくれるはずです…。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      PR
                      参加中 blogram.jp
                      blogram投票ボタン
                      グーバーウォーク
                      カラメル
                      Twitter
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 浮かれた心を見透かされる…。
                        Zakuro (09/22)
                      • 浮かれた心を見透かされる…。
                        Dy (09/21)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        Zakuo (10/08)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        みえ (10/08)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        Zakuro (10/07)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        みえ (10/05)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        Zakuro (10/05)
                      • アラパープさん最後の展示をするのは、切り絵作家 大倉美弥さん!
                        みえ (10/04)
                      • Konokaとアートツアー「スサイタカコ展〜ネイロノイバショコロコロハズム」
                        Zakuro (10/07)
                      • Konokaとアートツアー「スサイタカコ展〜ネイロノイバショコロコロハズム」
                        MIE KONO (10/07)
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM